読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自省log

毎日5分をムダにしたな。と思えるブログ

ご報告 「ウレぴあ総研」で執筆することになりました!

ご挨拶・お知らせ ぼくのはなし

私事で大変恐縮ではございますが、掲題の通りぴあ株式会社様が運営する「ウレぴあ総研」にて記事を執筆することになりましたのでご報告させていただきます。

f:id:juverk:20140224184824j:plain
ウレぴあ総研
ウレぴあ総研」はライフスタイル、恋愛、エンタメなどを中心としたコラムメディアで20代~30代の方がメインユーザの媒体。私が書かせていただく記事としては、この「自省log」と変わらずほぼ無益なものになる予定です。編集部の皆様、ご配慮いただき誠にありがとうございました。

今月あたまにお声がけいただき、光栄のあまり土下座しながら即お願いいたしまする。と返答してから早2週間ちょっと。このほど無事1本目の企画も承認いただいたようなので、一足お先に皆様へ御礼したく本日記事をしたためました。

皆さんへの御礼と今後の抱負

今回この記事を書いた最たる理由は、このどうしようもないブログを日頃御覧いただいている皆さんにお礼が言いたかったからです。毎月末に同じようなことを書いていますが、私がこの半年間ブログ更新を続けることができたのは間違いなく皆さんのお陰。ここまで継続できていなければ、編集部の方々からお声がけいただく機会もなかったわけですからね。もう皆さんに足を向けて寝ることなどできません。ちなみに昨日背中を痛めたことも相まって、今土下座しながらこの記事を書いております。皆さん本当にありがとうございます。
ただお外で執筆するからと言って、この「自省log」自体は変わらず更新していきますので今後共よろしくお願いいたします。

継続し続ける事で一つ形になった。

ブログを書き続ける理由は様々です。たくさんのPVを得てお金を稼ぐ人、サードプレイスとして書きたいものを書き続ける人。色々な考え方があるでしょう。
私はこのブログを何ももっていない自分をどうにか変えたい。そう思って開設しました。当初は右も左も分からないですし、何を書いていいかも分からない。そもそも全然見られていない。そんな状況でしたが、できることは一つ"とにかく継続すること"それしかなかったのです。

だから雨の日も風の日もどんなに詰められ凹んだときも、女の子にフラレて吐きそうになったときも歯を食いしばって更新を続けてきました。それは

「書き続ければ何かが変わるかもしれない。」

そんな淡い期待をいただいていたから。
それが半年経った今、お仕事をいただけるという形で一つ結実したのがなにより嬉しい。今まで書いてきたことはムダではなかったんだと涙ぐんだものです。
ブログをアウトプットするツールとして使い、本などを書かれている方に比べればまだまだ小さな一歩に過ぎませんが、ほんのわずかでも書くことの意味を見い出せたんだと素直に嬉しく思っています。

もちろんこれがゴールではありません。今後も慢心することなくこのブログは更新し、皆さんに無益極まりない記事をぶん投げ続ける次第です。

今後の更新について

自省Logの更新は今までと変わらず、1日1回を目標にしていますが元々がすぐ楽な方向に流れるタイプなので、更新数が減ることも十分予測の範囲内です。その際は皆さんどうか見捨てないでください。本当にお願いします。

お知らせ更新とかしちゃいます。すみません。

記事がウレぴあ総研さんに掲載された時は、多分ここでドヤ顔しながら「更新しました」とか告知することをお許しください。だって見て欲しいじゃないすか。たまにで良いので見てやってください。

もし途中で「ウレぴあ」の「ウ」の字も出なくなったらそっとしといてください。

恐らくそうなった場合、高確率でクビになっていると思うので、お願いだからそっとしておいてください。
__

そんな感じでゆるゆるな報告となってしまいましたが、今後とも宜しくお願いいたします。今私がこうしているのも皆さんのお陰です、これからもツベルクリン良平を生暖かい目で見てやってください。よろしくお願いいたします。