読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自省log

毎日5分をムダにしたな。と思えるブログ

スマホで記事を書くと色々なところに挟まれるし、何かと便利。

対処法 小話ネタ ぼくのはなし

今まで僕は、基本的にPCで記事を書いてきた。何故なら、文章のテンポをよくするため、結構頻繁に文章の入れ替え行うからだ。そんな時にPCのコピペは非常に便利で、文章全体を見渡せるからテンポも把握しやすい。

それにスマホだとまずコピペが面倒で、特に僕は不器用な方なので上手いことコピーできないばかりかペーストもちゃんとできないのでチョコチョコ消していると高確率でむきー!!となってケータイを投げ飛ばしたくなる衝動に駆られてしまうのだ。あと画像加工とかAmazon広告リンクとかがとっても面倒。

しかしそんな僕が今回の記事はスマホで書いている。諸事情によりPCが使えなくなったのでスマホに頑張ってもらっているのだが、ここまで書いてみた感想は意外とスラスラ書けるなというもの。

今何文字書いているのかすら分かっていない状況ではあるものの、ここまであんまり詰まらずスラスラと書けている実感はある。PCだと途中で書いたものを読み直しちゃったり、推敲し始めちゃったりするので止まってしまうことも多いが、スマホは上までスクロールして戻るのが果てしなく面倒なので今は完全NO推敲でつらつらと書き連ねているのだ。冒頭に書いたことはもう忘れた。

恐らく、僕の記事の性質上ネタと呼べるものはPCで書いた方が良いのかもしれないし、広告や画像を貼りたいときも同様だが今回の様に日記なのか、何なのかイマイチ判然としない"何か"を書くときはスマホの方が良いのかもしれない。うむ、これは大きな収穫だ。備忘録がてらこの気持ちを書き記しておこう。

これができるようになるとブログを書くのが非常に楽になる気がする。今は仕事終わりに家に帰ってから、よっこいしょと椅子に座りよーしと書き始めることが多いのだが、スマホで書けるようになればどこでも好きなところで書くこともできちゃうわけだ。
思い返してみると、僕は今まで長いこと机に座ってとどまっていることが極端に少なかった。昔勉強していたときも机に座っていると退屈なので家のあちこちを動き回っていたもの。

そんで家を動き回り続けた結果、最も集中力が研ぎ澄まされるのは"何かに挟まっているとき"だと気づいた。扉に挟まってみたり、冷蔵庫とキッチンの間のスペースに挟まってみたり。
そうすることでなんか新しいインスピレーションが湧いてくるのである。だが今は、固定のデスクトップPCなので基本的に同じ体勢で書いていることが多い。特にそれで何か弊害があるわけではないがこうやってスマホで書いてみて昔の感覚を思い出したのである。「挟まれば何が変わる。」そんな当てもない実感が頭の中に湧いてきた。

今ブログを書いている人の中で、スマホで一から十まで書いている人はどれくらいいるのだろう。
個人的な感覚として、スマホだけで全て完結させるのは相当骨が折れると思うけれど実際にやっている人がいたら、どんな風に書いてるのか結構興味がある。
そして何か挟まっている書いている人がいたら、少しインタビューをしてみたいと思う「あなたはどういうつもりなのか?」と。

そんな感じで適当に書いてきたのだけど、今さっき良かれと思ってベッドの隙間に挟まってみたら、どっかに服が引っ掛かっちゃったみたいで身動きが取れない。
このまま一生、この隙間から出れなかったとしてもスマホであれば明日も記事の更新できるのだ。やっぱりスマホでブログ書くのは便利だなと思った。