自省log

毎日5分をムダにしたな。と思えるブログ

寝相の悪さは十人十色

f:id:juverk:20131115162254j:plain
by marcuzzo

週末の仕事終わりに携帯を見ると、友人から「健康ランドへのお誘いメール」が5通入っていた。
私は仕事中、プライベート携帯を殆ど見ないので全くもって気付かなかったのだ。

内容は以下の通りだった。

「今日の夜は暇?健康ランドに行こう。」

「最近関節が痛いんです。」

「サウナ好きでしょ?もうサウナは目の前ですよ」

「ジェット風呂につかってふやけるのが夢なんだ」

「健康になる方のディズニーランドにいきましょう」

あらゆる角度から私を健康ランドに連れて去ろうとしている。やさしい口調が、逆に怖い。ここで断ると多分駄々をこねるので少し面倒だが、了承する。
それにここまで健康になりたがっている人間を無下にも出来ないからだ。健康ランドで健康になれるかどうかは分からないが「最近関節が痛い」とも言っていたのでマッサージも併設されている馴染みの健康ランドにどうしても行きたいのだろう。

了承するや否やすぐ迎えにきた。多分行きた過ぎて、私が返事を返す前にもう家を飛び出していたに違いない。「早くいこうぜ!!!」と急かすので準備も半ばで出発する。ただまぁ健康ランドには大体のものが揃っているので手ぶらでも問題はないか。

始めは面倒だったがこの時点で私もかなり乗り気になっていた。大きい風呂にサウナはやっぱり魅力的だ。ここのところシャワーばかりだったので久々の風呂はとても気持ちが良かった。サウナに入り、最後にマッサージまで受けて体がびっくりするくらい軽くなった気がする。

その後は「御休み処」へ。だだっ広い部屋に大勢で雑魚寝をするタイプなのだが
丁度良い室温、寝やすさを考慮した照明の明るさが睡眠には最適だ。風呂に入り、マッサージを受けた後なので心地良い安眠感が私を覆っている。
途中近くのカップルがイチャついていて少し気になったが気付いたら寝てしまっていた。

――――それから何時間経っただろうか。

トイレに起きた私は隣で寝ている友人を見て、腰が抜けそうになる。こんな体勢で寝ていたのだ。

f:id:juverk:20131115161507j:plain

気持ち悪っ!!

友人には非常に申し訳ないけれど、とにかく気持ち悪かった。
私も断じて寝相が良い方ではないが何というか生理的な嫌悪感を催すレベル。
関節ももうそれ折れてるよね?みたいにぐにゃっとしている。そりゃ痛くなるわけだ。

人は見た目も考え方も十人十色である。この世に一つとして同じ人はいない。
ならば寝相だって十人十色に違いないのだ。すっごい気持ち悪いけど。

そんな事を思いながら、用を足して寝床に向かう。
戻る途中、イチャつきカップルの方を見たら布団があり得ないくらいうごめいていた。
寝相は十人十色、あれはきっと寝相が悪いだけだよね。そうだよね。

あなたにもできる!寝ゾウの神様の骨盤矯正 (mag2libro)

あなたにもできる!寝ゾウの神様の骨盤矯正 (mag2libro)

広告を非表示にする