読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自省log

毎日5分をムダにしたな。と思えるブログ

「富士の樹海」でロケしてすごい泣いた3つの理由(樹海写真あり)

先日、フロムスクラッチさんの採用インタビュー記事をLIGブログで公開させていただきまして、


緊急樹海インタビュー、今IT業界で求められる理想の人材像とは | 株式会社LIG

多くの方にご覧いただいたのですが、この企画実は12月のクッソ寒いときに、ロケしておりまして。何を隠そう僕ね、この期間ずっと半べそだったんです。

本記事では何故僕がそんなにも泣いたのか。その知られざる理由をダラダラと綴っていきます。

「富士の樹海」でロケしてすごい泣いた3つの理由

(1)樹海が怖すぎて泣いた

まずね、樹海怖すぎるんですよ。樹海。
ロケハンすべく現地コーディネーターさんと二人で12月のめちゃんこ寒い樹海を歩いて回ったのですが、樹海に入って5秒くらいで写真真ん中に写っているバイクらしきものを発見。

f:id:juverk:20141209081902j:plain
どうやらこのバイクの持ち主は行方不明らしいです。怖すぎワロタ

その他にもこんなところを回りました。

f:id:juverk:20141209082059j:plain

もののけ姫っぽい。タタリ神が出てきそうで泣いた。

f:id:juverk:20141209083353j:plain

今回のロケ地。地獄っぽい見た目が怖くて泣いた。

f:id:juverk:20141209084539j:plain

コーディネーターさんが急にいなくなったと思ったら、なんか木に挟まってた。陽気過ぎ、泣いた。

f:id:juverk:20141214104552j:plain

はしごたん。泣いた。

f:id:juverk:20141209090333j:plain

滝川クリステルが番組で潜った穴。頭おかしい。

(2)社長3人いるとか怖すぎて泣いた

当日はロケバスなんか出せないものだから、ディレクターたる僕がお客様5名とLIGメンバーを連れて、樹海に向かったわけです。

この撮影には社長3人(クライアントの社長様1人、LIGの社長二人)を始めとする主要メンバーが参加しておりまして、樹海でなんかあった暁には最悪「2社が消滅する」可能性すらございました。

撮影が終わるまで、毎日プレッシャーで泣きながら、吐いてましたね。

f:id:juverk:20141214102611j:plain

今回は特別に「許可」を取らなければ入れない区域で撮影しました。迷ったら出られないとのこと。泣いた。

f:id:juverk:20141214103844j:plain

崖を降りる一枚。ここでだれかケガしたら、僕の首は泣きながら飛ぶ。

f:id:juverk:20141214113236j:plain

LIG社長の一人。当日はカメラマンとして誰より動いてました。戦々恐々でした。

f:id:juverk:20141214105512j:plain

フロムスクラッチ社長とLIGの社長。樹海は当日-3℃でした。スーツだと涙も凍えます。

f:id:juverk:20141214105556j:plain

いざ、撮影開始。

f:id:juverk:20141214105730j:plain

穴のシルエットがバッドマンっぽい。バッドエンドを示唆しているようで泣いた。

f:id:juverk:20141214111227j:plain

f:id:juverk:20141214111643j:plain

良い笑顔。この笑顔を絶やしたくない。

f:id:juverk:20141214112001j:plain

座ってるところがバランス悪すぎて、心配。

f:id:juverk:20141214112140j:plain

引きの一枚。崩れたら一巻の終わり。

f:id:juverk:20141214113536j:plain

上から

f:id:juverk:20141214113541j:plain

さらに上から

f:id:juverk:20141214113545j:plain

米粒

f:id:juverk:20141214113809j:plain

「地震でも起きたら、ここにいる人たちが全滅する。」プレッシャーがすごくて、泣ける。

(3)怪奇現象が怖すぎて泣いた

冬の樹海ならではとも言える、不可思議な現象が発生し泣きました。
以下の画像をご覧ください。僕です。

f:id:juverk:20141214114832j:plain

f:id:juverk:20141214114902j:plain

f:id:juverk:20141214115140j:plain

f:id:juverk:20141214111351j:plain

皆さんはお気付きになったでしょうか?

このとき僕、漏れそうだったんです。てゆーか、むしろ少し漏れてたんです。樹海さみーっつの。泣いたよね。

まとめ

いかがだったでしょうか。樹海って、名前は誰でも知っているけど、実際には足を運ぶ機会がまるでない場所だと思います。
僕もLIGに入らなかったら、(自殺でも考えない限り)行く機会などなかったことでしょう。

でも実際行ってみたら、すごく幻想的だし自然に圧倒されている感があってとても面白かったですよ、樹海。仕事で行くべきではないですけどね。泣く。

ちなみに今回撮影協力いただいたツアー会社さんは以下。

富士山と樹海の出逢いを提供する冨士エコツアー・サービス

シーズンによりますが、1団体35,000円〜で樹海散策ツアー(入山の許可申請及び撮影許可含む)を組んでくれます。カスタムも色々できるので気になる方は是非試してみてください。

最後はこんな企画にOKを出してくれた器の大きな会社、フロムスクラッチさんに感謝しながら、記事を締めといたします。
フロムスクラッチさんはエンジニアを始め、多くの人材を募集しています。


フロムスクラッチ - 創造し続ける | Web転職Poole

ご興味のある方は、是非ご覧くださいね。

樹海の歩き方

樹海の歩き方

広告を非表示にする