読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自省log

毎日5分をムダにしたな。と思えるブログ

恋人にフラれて「自爆したいな」と思った瞬間、参考にすべき自爆シーン5パターン

不毛な厳選ネタ 脱力系

f:id:juverk:20140810172003j:plain
Photo by Chrystian Guy
人間として生活していると恋人にフラれるなんてことは往々にしてありますが、ある許容値を超えると「このまま自爆したいな」なんて物騒なことを思ってしまうこともありますよね。そこで今回は20代未婚男性1名(私)に聞いたアンケートを参考に『恋人にフラれて「自爆したいな」と思った瞬間、参考にすべき自爆シーン5パターン』(ドラゴンボール編)をご紹介します。

【1】ラディッツと一緒に魔貫光殺砲で貫かれる悟空のシーン

「魔貫光殺砲タメ長過ぎ」「ある意味兄弟愛の究極系」(20代男性)

初めて悟空以外に現れたサイヤ人にして、悟空の兄でもあるラディッツを葬ったシーンです。厳密に言えば自爆ではないですが、主人公が命を張って敵を倒し、しかも死んでいるので自爆としておきましょう。
つまり恋人にフラれて自爆したいなと思った場合、魔貫光殺砲で貫かれるのが最も手っ取り早いってことですね。もしライトに自爆しようと思うなら、その辺にいるナメック星人にでもお願いして恋人もろとも貫かれましょう。

【2】「さよなら天さん」餃子(チャオズ)の無意味な自爆シーン

「ドラゴンボール至上屈指の名シーン」「世にいう無駄死にとはこのこと」(20代男性)

ラディッツを倒したあとに、やってきた最悪の敵・ベジータとナッパ。強過ぎるナッパに対して、クソ弱い地球の戦士達にはもはや自爆しか手が残されていませんでした。そこで意を決したのが餃子。ナッパの大きな背中にしがみつき、自爆したにも関わらず「あれ?ナッパ全然生きてた。」みたいな状況に、世の無情さを感じた読者も多いことでしょう。
ただ行動することに意味はある。恋人の背中にしがみき、「さよなら、あなた」とでも言いながら自爆すればきっと皆感動してくれると思いますよ。

【3】セルと一緒に自爆しようとして失敗する16号のシーン

「自爆は失敗したけど、その決意に漢を感じる」「だーーーーっ!!」(20代男性)

あまりにも強いセルに対して、ちょっと前まで敵だった16号が自爆をしようとするシーン。しかし体内の爆弾は取り外されており、残念ながら失敗に終わってしまいます。ただ前述の餃子よろしく自分を犠牲にする行動に感化された人はきっと少なくありません。悟飯もスーパーサイヤ人の壁を突破するきっかけになりましたし。
仮に失敗しても良い、ただ自爆する気概を持つことはやはり周囲に大きな影響を与えます。恋人にフラれた場合、後ろから強く抱きしめて「だーーーっ!!」と言いながら自爆してみるのも一向かもしれませんね。

【4】負けそうになって自爆しようとするセルと瞬間移動でどっかへ行く悟空のシーン

「セルの自爆、醜すぎ」「瞬間移動で出社した場合の交通費清算が気になる」(20代男性)

スーパーサイヤ人の壁を超えた強過ぎる悟飯に対して、もう打つ手がないから地球ごと自爆しようとするセルの醜い最期ですが、悟空の英断で九死に一生を得ました。
翻って、もしフッた側の恋人が自爆しようとした場合この対処法はすごく使えそうな気がします。まずは瞬間移動を覚える、そして咄嗟に移動できそうな場所(悟空のケースでは界王星)を探す。この二つは常日頃から念頭に置いておくのが無難。恋人だって、いつ自爆するのか分からないのです。

【5】自爆する直前「ママを大切にしろよ」と愛を爆発させて自爆したベジータのシーン

「ベジータ(笑)」(20代男性)

プライドが高く、ツンデレ。強いけれど、永遠のかませ犬感が秀逸なサイヤ人の王子・ベジータがお送りした名シーンです。ベジータは「苦戦するといっぱいビームっぽいのを出して、結局敵は無傷でした。」というもはや芸術の域に達するお家芸を持っておりますが、このシーンでは何故か自らの命を賭して、トランクスを助けようとしました。その際に発した「ブルマを…ママを大切にしろよ」との台詞は、感動の嵐だったと聞きます。やはり恋人と自爆する直前は、愛も一緒に爆発させるのが良いのでしょうね。是非参考にしたいワンシーンです。

______

ほかにも、恋人にフラれて「自爆したいな」と思った瞬間、参考にすべき自爆シーンはこれだというものがあれば教えてください。みなさんのご意見をお待ちしています。

【アンケート調査概要】
期間:2014年8月10日(日)から8月10日(日)まで
対象:合計1名(20代の未婚男性)
地域:日本
方法:脳内

参考・インスパイア先

オトメスゴレン | 男女の本音を集めた恋愛コラム

愛の自爆装置

愛の自爆装置

自爆―THE JUDGEMENT DAY

自爆―THE JUDGEMENT DAY