自省log

毎日5分をムダにしたな。と思えるブログ

「ICHIROYA」をステマして思った着物のこととか、その他の商品。

こんばんわ。本日も太陽が猛りきっておりましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。
世間はやれ花火だ。やれお祭りだ。と夏を謳歌しているようですが、私は日がな一日PCに向かって半べそで記事を書いておりました。何故こんなことになったのか。慢心…環境の違い。

ところで表題の件、先ほど新ブログ「ざつなすてま」にて記念すべき第一稿を更新しましたのでお知らせします。

もうモテるためには「ICHIROYAの着物」しかないと思っている(雑なステマ) - 雑なステマブログ「ざつなすてま」

f:id:juverk:20140727141125j:plain

ICHIROYAさんはOPEN当日にご依頼いただいたにも関わらず、私の遅筆が大爆発しておりまして本日更新という運びになりました。これちゃんと運用できるんかいな。

ただ第2弾はまるで決まっていない状態なので「ご興味のある方は是非ご依頼いただければ!」と、自分のブログをステマ(アカマ?)しつつ、単なる更新連絡では味気ないのでこちらでは

  • 編集しながら感じた所感
  • また文字数の都合で書ききれなかった商品

を記載したいと思います。

着物業界は新しいムーブメントを望んでいる。

現在ICHIROYAさんは着物業界で新しい旋風を巻き起こすべく様々な動きをなさっているようなのですが、確かに私たちって着物に触れる文化がないというか、そもそもきっかけが全然ないんですよね。

恥ずかしながら私も今回ご依頼をいただかなければ、着物をしっかり見てみよう。とは思いませんでした。それは、着物がイヤだというわけではなく

どう接触して良いか分からない。

という部分に集約するのかなと思ってます。
まぁもちろんアンテナを立てて、情報を取りにいけば充分な情報が得られるとは思いますが、ただボーッとしてても情報が全然入ってこないんですよね。知る人ぞ、知る分野になっていると言うか。

だからこそ、着物業界は新しい一手を待っている。今の状況に一石を投じるムーブメントを期待している。そんな印象を抱きました。

私が更新したステマ記事ではそんな一石を投じることなどできるべくもないですが、この記事を読んだ誰かが着物に興味を持ってくれれば、書いた甲斐があるというもの。

着物やっす!!

上記のステマ記事は、コンテンツとして分かりやすい商品を選んでおりまして結構しっかりしたお値段なのですが(笑)、色々調べてみるとこんな安くて良いの?って商品も結構あるんですよ。

f:id:juverk:20140727141743j:plain

価格:¥8,420(税込)
着物 色留袖 御所車模様

f:id:juverk:20140727141758j:plain

価格:¥7,340(税込)
着物 振袖「鬘帯に優美な四季花」

f:id:juverk:20140727141828j:plain

価格:¥9,980(税込)
男物着物 大正更紗

私は着物をほとんど見たことがないので、相場とか全然分からないんですがこれくらいの値段なら相当手が出しやすいだろうな。ってのが正直な所感。

ガッツリ着るのではなく、一部取り入れることも

記事を執筆するに当たり、社長であるICHIROさんに教えてもらったのですが

最近は「着物を一部取り入れる」というファッショナブルな動きがあるそうで(外国の方が多いのかな?)
着物をガッツリ着るとなると着付けが必要そうだな、とか思っちゃうんですけど
例えば着物の下に着る、襦袢なんかはシャツ・ジーンズの上から羽織るっても格好良いとのこと。

f:id:juverk:20140727142403j:plain

価格:¥7,920(税込)
騎馬武者の大群 男襦袢

一部にトレンドを取り入れるのは敷居も下がりますし、とても面白そうですよね。やってみようかな〜。

__

そんな感じで連々と編集後記的なものを書いてみたわけですがご興味のある方は是非、ICHIROYAさんにお話聞いてみてくださいね。

皆、ICHIROYAで着物へのきっかけをつくろうぜ!!(雑なステマ)

広告を非表示にする