読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自省log

毎日5分をムダにしたな。と思えるブログ

捨てクロマグロに遭遇したとき念頭に置きたい5つの対処法

意味不明 脱力系

f:id:juverk:20140501122655j:plain
Photo by
捨て猫、捨て犬、捨てバンビ。最近では捨て動物に遭遇する機会もめっきり少なくなった印象ですが、動物愛護団体の統計によると未だ年間30~40万匹の動物が捨てられているとのことです。もし捨てられた動物に相対した時、皆さんならどう対処するでしょうか。拾っていく、誰か助けを呼ぶ、そのまま飼う。選択肢は様々です。

しかしもし捨てられていた動物がクロマグロだったらどうでしょうか。皆さんは冷静に対処できますか。僕は恐らくできないので、本日は捨てクロマグロに遭遇したときの対処法を模索していきます。

捨てクロマグロに遭遇したときの対処法

捨てクロマグロの全長と重さを把握

一般的にクロマグロ(中でもタイセイヨウクロマグロ)は全長4.5m以上、体重は680kg以上と言われており、相当な大物が多いようです。ちなみに人間で換算すると曙太郎(現役時)2.5人分の身長と、曙太郎(現役時)約3人分の体重を誇るほど。曙一人でも苦労するのに、二人分。ましてや体重は3人分というあり得ないデカさ。これは相当覚悟しておかないと、骨が折れそうですね(物理的にも)

捨てクロマグロの突進を警戒する

クロマグロはその巨体もさることながら、泳動速度が尋常じゃないです。その速度は最大で70~90km/h。突進されたら致命傷は免れないでしょう。もし道端にクロマグロが捨てられていたら、まず突進を警戒すべきかもしれません。また防御をするのであれば、以下の装備などオススメです。

対ライフル用防弾シールド

対ライフル用防弾シールド

これは以前はてブでも話題になっていた強力な盾。クロマグロの突進とライフル、どちらが高威力なのか。現時点では測る術もないのですが最低これくらいの装備は念頭に置いておきましょう。

捨てクロマグロは泳ぐので最悪プールは必須

上の項目を書いていて気付いたんですけど、クロマグロって泳ぐんですよね。ならばプールも用意しないといけない。ただ急にプールといってもおいそれと見つかるものではないので、念のため都内のプール付きマンションをピックアップしておきます。どれもオシャレですね。
f:id:juverk:20140501120502j:plain
パークハビオ新宿イーストサイドタワー
f:id:juverk:20140501120900j:plain
THE TOKYO TOWERS FOR RENT|ザ・トーキョー・タワーズ
f:id:juverk:20140501120905j:plain
Brillia(ブリリア)有明 Sky Tower
平均予算はミニマム4000万円~僕の生涯年収くらいの規模ですけど、クロマグロのためなら仕方ない。ちなみにクロマグロは寝ながらでも泳ぐので1日中このプールで泳がしてたら使用料とか大変なことになりそうだけど気にしない。あと海水とか淡水とかも面倒なんで気にしない。

捨てクロマグロのレシピを用意

もし色々頑張ってダメだった時は食べましょう。そんなニーズを汲み取ってレシピも用意しておきました。
この世界は酷く無慈悲で、そして無常です。どんなに強い生物もどんなに大きな生物も全て等しく死が訪れます。そうなってしまったら諦めてクロマグロへの愛と感謝を込めながら骨の髄まで噛み締めるべきではないでしょうか。以下は個人的にすごく美味しそうだな。と思ったマグロレシピですので、ご飯のお供にどうぞ。
Cpicon さっくり&ジューシィ♪マグロと大葉の串天 by 庭乃桃
Cpicon 簡単♪マグロの照り焼きステーキ by カルン
Cpicon ✽ピリ辛まぐろユッケ✽ by ルンママ

捨て松方さんに売る

f:id:juverk:20140501122211j:plain
Photo by
芸能界きってのマグロといえば松方弘樹さんを連想する方が多いかもしれません。定期的にマグロ釣り大会に出場していたり、誰が見るんだかちっともわからないマグロ釣りドキュメンタリーに出演していたり、前に何かのテレビで

「人生そのものがマグロです」

とかなりきわどい発言をしていたり。そんなキング・オブ・マグロこと松方さん(※本名はメグロさん)に売ってしまうのも良いでしょう。意外と高値で買ってくれるかもしれませんよ。

まとめ

f:id:juverk:20140501122013j:plain
Photo by
いかがだったでしょうか。「もし捨てクロマグロに遭遇したら」そんなシチュエーションを少しはイメージできたかと思います。
「事実は小説より奇なり」どこかでそんな言葉を聞いたことがあります。つまり現実でいつどんなことが起こっても可笑しくないのです。自分の身は自分で守る。クロマグロから身を守り、共生していくための対処法は常に模索していくのが賢明です。皆さんのご検討をお祈りいたします。

マグロ学 一生泳ぎ続ける理由とそれを可能にする体の仕組み

マグロ学 一生泳ぎ続ける理由とそれを可能にする体の仕組み

Twitter&RSSのご案内

いらない無駄記事を毎日更新するフリーマガジンを購読しませんか?
Twitterやってます。更新通知などもしますのでもし宜しければフォローください。
ツベルクリン良平(@tube_ryo)

RSSに登録をお考えの方、今なら無料なのでお得です!
Feedlyはコチラです!