自省log

毎日5分をムダにしたな。と思えるブログ

デスパレートなつま先

f:id:juverk:20131212160600j:plain
人と言うのは時に自分の非力さ、そして無力さをとみに味わう事がある。先日私もそれをこの上なく痛感した。
一日の間に、つま先を4回ぶつけるという前人未踏の快挙を達成したのだ。

皆さんもご存じだと思うがつま先は非常に脆い。4回もの損傷は彼の機能を失わせるには充分な回数だった。指は可笑しな方向にふんぞり返り、衝撃で赤く腫れ上がっていてとても悲しげに見える。以下に私のつま先ぶつけ遍歴を記載するので皆さんも気を付けて欲しい。

1度目 タンスの角

タンスがバランス悪く設置されていて、角が剥き出しになっているとぶつける事はままある。我が家もそんな設置方法を採用しているので物を取ろうした瞬間油断し、ぶつけた。目が飛び出そうになった。

2度目はちょっとした段差

外にゴミを捨てに行った時、面倒だったのでサンダルを履いていったのだが
歳なのか目測を大きく見誤りクリーンヒット。一瞬、足元が爆発したのかと思った。

3度目 床下収納の蓋

我が家にはあまり使っていない床下収納があるのだが、何故か少しばかり開いていた為につま先をバキャ!と引っ掛けた。割と本気で泣いた。

ここまでの損傷はなるほど、完全に私自身の問題だ。焦り、油断から生じた単なるポカだった。部屋の角や段差など注意すれば余裕で回避出来たのである。しかし4度目は全く趣が異なっている。

1日に3度もつま先をぶつけた私は、耐え難い激痛をごまかす様に自宅で細々とブログを書いていた。しかしその痛みとは裏腹に、頭が非常に冴えている様だ。
私の数少ない取り柄の一つに「集中力」というものがある。一度集中すると、意識的に世界と自分を切り離し物事に没頭出来るのだ。ゾーンと呼ばれるものに近いだろうか。

普段はここに至るまでかなりの時間が掛かる上に意図して出来る訳ではないので、殆ど使えないポンコツ特技ではあるものの
その日はすんなりと入り込むが出来た。これはつま先に感謝しなければいけないな。そんな事を考えながらブログに集中していく。
全てが意のまま、まるで世界を手中に収めたかの様な征服感が私を包み、言葉が湯水のように溢れてくる。良い状態だ。
しかし突然大きな音が私の集中を緩やかに引き裂いた。

ピンポンッ!!ピンポンッッ!!!

やば、誰か来た。この状態になると全く周囲の音が聞こえなくなるから厄介だ。
急な来客に焦って駆け出した私はよろけて、またしてもつま先をぶつけそうになる。しかしどうしてもぶつけたくなかったので、身を大きく翻しとっさにかわす事に成功。
「ヨシッ!!」と想った瞬間その弾みで戸棚にぶつかり、落ちてきたヤカンを蹴っ飛ばしてしまった。日本代表も真っ青の華麗なボレーシュート。
つま先も一緒にどっかへ飛んでいった。

私は今、心から戦慄している。何故こんな事が起こるのかと。
見えない何かが私のつま先を憎んでるとしか思えない。こんなに複雑な方法で尚もつま先を狙ってくるとは。

人は未だ自然災害に対して抗う事は出来ない。
世界の経済を調整する『神のみえざる手』は今もまだまだ健在だし、超常現象に至ってはもう何がなんだかよく分かってないのである。
そんな人智が及ばない「何か」に対して、人は平等に無力。それを改めて痛感したのだった。

「しっかしどんだけつま先ばっかぶつけるんだよ、もしかしてつま先ババアみたいな妖怪に狙われていたりして、怖い怖い。」

そんな事を考えながら、患部を優しく労ってやる。まだ辛うじて息があるようだが、危うくつま先がデス(パレート)しそうになった。
これ以上つま先ババアに狙われないように気をつけなきゃな、そう心に決めてブログの続きに取り掛かる事にしよう。

そう言えば一つ疑問に思っている事がある。うちインターフォン壊れてるんだけど、あの音はなんだったんだろう?

水木しげる妖怪大百科

水木しげる妖怪大百科

デスパレートな妻たち ファイナル・シーズン COMPLETE BOX [DVD]

デスパレートな妻たち ファイナル・シーズン COMPLETE BOX [DVD]

広告を非表示にする