自省log

毎日5分をムダにしたな。と思えるブログ

手ブレってどうにかなんないのかね?

f:id:juverk:20131105113636j:plain
先日、友人の結婚式があった。結婚は人生の節目である。私はまるで結婚願望がないタイプなのでももしかしたら経験出来ないかもしれないが友人夫婦はとにかくとても幸せそうだった。
そんな幸せそうな彼らを眺め、私も不思議と笑顔になる。
彼らの新たな門出にフォトアルバムをプレゼントしたかったので今回はたくさん写真をたくさん撮ろうと決意を固め、式に臨んだ。

式が始まると隙を見ては、パシャ。主賓の人が喋ればパシャ、ケーキカットに、誓いのキスにパシャパシャ。更に2次会以降は私の主戦場である。とにかく友人夫婦をストーカーの如く、追尾し写真をこれでもかと撮りまくった。

しかしここまでの道のりを振り返ると決して平坦ではない。ここだけの話、私は生粋の機械オンチなのである。今回の式用にカメラを買おうとYAMADA電機に行ったが、意味不明な専門用語をまくし立てられたりもした。
オートフォーカスやらオートサーカスやらカメラを買いにきているのに、いきなりサーカスがどうとか言われても困るのだ。知ったかぶりで「ボリショイサーカスっていいですよね」みたいな返事をしてみたが、店員さんも「え?」みたいな感じである。私の心はボッキボキきに折れた。

そんな私の救世主が「iPhone」だ。iPhoneであれば機械オンチの私でも、手軽に綺麗な写真が撮れる。なんとかサカスなど使わずにピッ!ピッ!と撮れてしまうのだ。
カメラは残念ながら購入出来なかったが、私にはiPhoneがある。
相変わらず友人夫婦をストーキングしながら、会場の全空間を縦横無尽に使いながら撮影していたが
200枚程撮った時点で、写真の殆どがちゃんと撮れていない事が発覚した。その理由は明快だった。いわゆる手ブレである。

私は家のトイレに入る時でさえ、若干緊張してしまうくらいの緊張しいである。感覚値だが24時間の内23時間50分くらいは緊張しているのだ。
緊張しいにとって写真撮影は本来とてつもない集中力を要するもの、そんなのが動き回りながら撮影すれば手は否応なしにブレまくるのである。
iPhoneにはボタンを押しっぱなしにして離せば、手ブレを防止出来る的な機能はあるが手自体が尋常じゃなくブレるので効果はない様だ。

何か対策はないのか。私は色々と思考を巡らせたが有効な打開策が見当たらない。
取り敢えず、手ブレを抑える為手先に集中してみた。すると不思議なもので無理矢理、手ブレを抑えようとしちゃったもんだから今度は腕がブレるのである。
目の前で「1+1は~?」みたいな事を言っていた人間が、いきなりラッコみたいに腕を上下させる。端から見れば、ちょっとしたパニックだったに違いない。会場がざわめいた。そしてその環境が私を更にパニックスパイラルへと導いていく。

手ブレを抑える→腕ブレ→会場パニック→私パニック

このコンボに、私はブレにブレた。もう体全体でブレブレだった。

こうしてブレた写真322枚とブレた私をそのままに、式はしめやかに幕を閉じた。
見返してみるとほぼちゃんと撮れておらず、皆おばけみたいになっていたので怖すぎて全消去した。
友人から「フォトアルバムできた~?」みたいな連絡が未だに来るが今のところ、スティーブ・ジョブズのせいにして何とか乗り切っている。

しかし私はこれから、この手ブレとどう付き合えばいいのかわかっていない。受け入れて、一生を共にするのがいいのだろうか。何にせよ私の手の様に、二人の夫婦生活がブレない事を願うばかりである。

[asin:B00DKM60AY:detail]

ピンぼけ・手ぶれレスキュー ver4

ピンぼけ・手ぶれレスキュー ver4

広告を非表示にする